フレンチブルドッグのQ太郎です。どうぞ、よろしく♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
白内障・・・
2012年01月29日 (日) | 編集 |
「右目が白い」
きゅーぱぱの一言・・・。

皮膚でお世話になっている病院に行く前日でした。
相談すると、

「左も白いね。両目とも白内障でしょう」
「近くに眼科の先生がいるので、紹介しましょう」

さっそく、紹介された病院を予約し、受診しました。

まず、犬に暗いところに慣れるようにと電気を消した診察室で待機。
その後、犬の視力を測ります。

犬は赤、青、白、黒の4つの色が見えているそうです。
赤のライトを当てて瞳孔の収縮を診てもらい、4mm以下なら正常ですが、
Q太郎は5mmなので、視力低下が少し出てきているとのことでした。
青ライトでは、4mm以下でした。

次に眼底までチェックするために、散瞳といって瞳孔を目薬で広げる処置をします。
5分置きに3回、ミドリンという目薬をしました。
大人しくしていました。

人間と同じ器具で検査をしていました。

結果、右は未熟白内障、左は初発白内障。
右は前嚢と後嚢に、左は前嚢に発症していました。
眼圧も測定し、異常ありませんでした。

犬の白内障は、初発→未熟→成熟→過熟と進行します。
右は私たちが気付かないうちに進行してしまっていました。

治療についての説明では、
犬の手術の場合、手術をしても1年以内しか視力がもたないと言われました。

先生から提案された治療は、日本ではまだ認可されていない目薬で
今の白内障を過熟させてしまうというものでした。
それ以上、範囲が広がらないようにということだと思います。

まだ、Q太郎は右目こそ視神経に少しかかっているものの、見えているので、
いかに進行を遅らせるかということになります。
一般に処方される目薬はほとんど効かないようです。

合わせてサプリメントも開始しました。過熟をすすめるためのものです。
目薬だけでも良いと言われましたが、まずは6ヶ月試すことにしました。
50%の確率です。
治療効果が無い場合はそこでストップだそうです…。

目薬は保険ききません…。11500円。
痛たたたた…。
でも、Q太郎は自分が見えなくなることがわかりません。
私たちが責任を持ってQ太郎のQOL(クオリティー・オブ・ライフ)を
選択していかなければなりません。

予定では今(4才6ヶ月)の倍以上生きて欲しい。
だから、まだ失明させてしまうのは可哀そうで…。

本当はもう1匹、迎えようと思っていましたが、
今はQ太郎に注げるだけの愛情と誠意を示そうと思います。

Qおすわり
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
きゅーままさん、こんばんは。
白内障と聞いてびっくりしました。
Q太郎くんの状態はどうでしょうか?
治療は大変だと思いますが頑張って下さい。良い方向へ進むようブライトと共に祈っています。
2012/01/29(Sun) 23:01 | URL  | ブライトぱぱ #-[ 編集]
ブライトぱぱさん、ありがとうございます。
Q太郎はと~っても元気なんです。
皮膚もなんとか薬でコントロール出来てるし。
いつもと変わらないのに…。
2012/01/29(Sun) 23:26 | URL  | きゅーまま #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。